か、とぅーん備忘録

KAT-TUNを愛してやまない中丸担の備忘録です。

中丸君の楽しい時間2伏線・パロディまとめ

※ネタバレです。特にまだ公演を未観劇でこれから行くよという方は見ないことを推奨します。

※実際見てない演出もレポを元に記事を書いているため間違いがあるかもです。

※ニュアンス違いや誤った解釈などある可能性アリ

※中丸君の楽しい時間2を観劇してない方には意味が分からない点がかなり多いと思います。

※例のごとくほぼ自分用

▼UP 11/28追記(加筆・修正) 

 

 

 <前置き>

9年前のソロ舞台「中丸君の楽しい時間」の待望の再演(続編)の伏線回収力がスゴイ!とファンと本人(?)の間で話題に。

私も例に漏れずその凄さ、面白さに感動したので備忘録を。

 

<そもそもどんな舞台?> 

観劇してない人・前回の舞台を知らない人・他G担・非ヲタなどにはよくこれを聞かれるんですがなんて答えるのが適切なんですかね・・・。

 

ざっくり言うと「中丸君が楽しいと思ったことを詰め込んだ舞台」です(笑)

劇中の最初のテロップによると「中丸君の日常に基づいたフィクション」。

 

私が説明する時は基本はコント調で、陣内智則のVTRにツッコむみたいな感じもあれば影絵やパントマイムやレーザーや歌などのパフォーマンスもあったりファンとの質疑応答もあったり色々だよ、みたいな感じで説明してます。

 

あと、この舞台の最大の特徴といえば「構成・演出・出演が全て中丸雄一である」と言うことです。

 

最初から最後まで実際の登場人物は中丸君のみですし、VTRの登場人物やナレーションもほぼ全て中丸君です(笑)

 

純度ほぼ100%中丸君な舞台なので中丸担としては本当に幸せですね。

 

 

<舞台中の登場人物>

f:id:m94ts:20171117113524p:plain

細かくいえばもっと登場人物がいるのかもしれませんが・・・

一貫して本編に出てくる主な登場人物は上部の画像参照です。

 

先程も記述した通りこの登場人物も全て中丸君です(笑)

 

マネージャー吉田とグッズ担当鈴木は姿は出てきませんが、それ以下のNKM NEWSに関わる人物は中丸君が仮装・女装している姿です。

 

この登場人物自体がすでに9年前の伏線回収みたいになっているものもあります。

 

例えばゲンタニシは9年前のお天気キャスターからメインキャスターに昇格し、白髪が増え老け込んでいるし家族も出来ています。

一方9年前メインキャスターだった人は太陽太郎の中の人に降格しています。

 

こういった小ネタや伏線が中丸君の舞台にはわんさかあるのです。

その伏線をできるだけ時系列順に一覧にして見ました。

 

 

<舞台中の伏線とその回収>

f:id:m94ts:20171128084845p:plain

f:id:m94ts:20171128084855p:plain

 

とてつもなく見づらい上観劇した人じゃないと本当に意味不明なものが多いと思います・・・。悲しみ。

 表じゃなくて図の方が良いかなと思いつつなかなかまとめるのが難しい。

 

一応どこが対になっているかわかるように伏線とその回収は同じ色にしてあります。

似た色も多いので更にわかりづらくなっているのが悲しいですが・・・。

 

すぐ回収されるものは伏線じゃなくて前フリくらいの感じじゃないの?ってものも入っちゃってますし逆に細かく言えばもっとあるんだと思います。

 

多分、最初のコーナーでもある「喜怒哀楽とその他」が一番伏線が多いんじゃないかと思うし回収がかなり後半のものも多いです。

 

私が観劇したのは東京公演の後半の方だったのでだいぶ舞台の内容がわかりやすくなっていましたが、前半にはなかった伏線もあったようです。

 

あと、途中なくなったけど復活した伏線もあったり・・・。

これは伏線に限らず細かい演出がその日によってあったりなかったりしたみたいです。

 

この伏線の数を見てもやはり一度きりではなく数回観劇してここのセリフはあそこに繋がっているのか!とかあの時の行動はこういう意味かー!とアハ体験して更に舞台の面白みが出るんじゃないかなぁと個人的には思います。

 

まぁそれでもセリフや設定の伏線は割と初見でも気付きやすいと思うんですが、中でも「それは言われないとなかなか気付けない!」と思った演出は舞台のエンディング後に中丸君がうたう新曲「The Way」の伏線です。

 

最後に中丸君がこの舞台のテーマソングとして新曲をうたってくれるのですが、新曲だとどうしても初めて聴くのでお客さんは「は?」とポカーンとしてしまう。

 

それを少しでも解消するために舞台中のBGMにちょいちょいThe Wayのアレンジした曲を使って耳にフレーズを馴染ませ、最後The Wayを聴いた時に「初めて聴くはずなのになんか聴いたことある」と思わせ違和感をなくす戦法をとっているそうです。

 

これこそサブリミナル効果!だそうです。スゴイ!

 

でも、言わないと案外気付かれないっていうのもわかったので、これすごく良いアイディアだと思うのでSNSで拡散してくださいって言ってました(笑)

 

正直中丸君のソロ曲って無難な曲(いい意味で)が多いのでもともと違和感は抱きにくいんじゃないかな?と個人的には思いますが(笑)この演出は粋すぎて惚れました。よくある手法なのかな?

 

表の中では水色で塗りつぶされているのがThe Wayのアレンジが使われているところです。(気付いてないだけでもしかしてまだあるのだろうか?知ってたら教えてください)

 

最後中丸君が歌うまでに少なくとも4回は流れてました。

 

私はこれ知ってから入ったので、中丸君の狙いとは逆みたいになっちゃうんですがアレンジを意識して聴いてからThe Wayを聴くことでThe Wayのメロディが覚えやすかったです。

 

この伏線言われる前に気付いた人いたら本当すごいしそういう人間になりたかったものです・・・。

 

 

<中丸君がモノマネする人物>

f:id:m94ts:20171117112527p:plain

中丸君が舞台中にモノマネする人達です。

本人も言ってましたがどれも似てはいません(笑)

あと最後のサッカー選手3連チャンは若い子に伝わらないので解説してとその日の質疑応答で言われたみたいですが「完全に10代は切り捨てるつもりでやった」そうです(笑)

 

私は20代ですがサッカーに詳しくない上に世代じゃないので全くわからずググりました。

 

 

<登場するパロディ・商品名など>

f:id:m94ts:20171127152345p:plain



舞台中に登場するパロディや特定の商品名・ワードなどです。

 

衝撃的な事実が中丸を襲う・・・!?みたいなやつはカウントダウンからの中丸君がおののく姿が以前KAT-TUNがモニタリングに出演してドッキリ仕掛けられた時に似てたのでモニタリングかな?と思ったんですけど多分違いますね・・・。

あれは特定の番組のパロとかじゃないのだろうか?

他にどんな解釈があるのか気になる・・・。

 

継続してる番組も多いのにこう言うのもなんですがパロ番組のチョイスに年代が出てる感ありますよね。

 

 

なぜモノマネとパロディもまとめたのかと言うと、このへんの内容って利権に引っかかるのかなって気になったからです(笑)

 

結構早々に中丸君が舞台の映像化は無いでしょうねって発言してたので(まぁ舞台が自体映像化って少ないみたいですが)色んな要因があるとは思いますが内容も映像化前提じゃないのかなぁと思ったり。

 

そのへんはもう全然詳しくないのでなんとも言えないし正直資料用でもいいから欲しい・・・。

 

<終わりに>

コーナーの順番が前後している、抜けているとかここは間違っているとかあれば教えてください。

あとレポ見ただけで書いてる部分もあるので別の日はなかったけどこの日はこういうのもあったとかもあれば教えて頂けたら嬉しいです。

 

大阪公演も東京公演で固まった内容でやるのかどうか、気になるところなので全公演の千穐楽を迎えたらまた加筆するかもです。

 

まだ千穐楽すら終わってないけど中丸君の楽しい時間3も楽しみにしてるよおおおお!

 

<追記について>

千穐楽お疲れ様でした。

大阪公演も終え、新たに中丸君本人から伏線の解説があったものとリプライでコメントいただいたものを追記いたしました。(11/28加筆修正)